異色のジャニーズ・男闘呼組が復活?不祥事で消えた幻のドラマって?

アイドル

男闘呼組の読み方がわかりますか?『だんとうよぶくみ』?いえいえ違います。
男闘呼組(おとこぐみ)と読みます。夜露死苦的な読み方ですね。

男闘呼組は1980年代後半から1990年前半に活動していたジャニーズ事務所所属のロックバンドです。「最後のスーパーアイドル」光GENJIとほぼ同じ活動期間ですが、光GENJIが典型的なアイドルらしいアイドルなのに対し、男闘呼組はジャニーズアイドルの中では異色の存在でした。踊らないジャニーズ。それが男闘呼組です。

光GENJIも「クズ」「事件」「いじめ」などのネガティブワードばかりのグループでしたが、男闘呼組も負けてはいません。不祥事」「解雇」「薬物」「逮捕」。ネガティブワードの宝庫ですね!

今回は「堕ちたアイドル」シリーズ第2弾として、異色のジャニーズ・男闘呼組の復活の噂や幻のドラマについて詳しく調べてみました。

ぜひ最後までお読みください!

スポンサーリンク

男闘呼組ってどんなグループ?

男闘呼組は1988年にジャニーズ事務所からデビューした4人組のロックバンドです。
メンバーとデビュー時の年齢、現在の年齢は次の通りです。

氏名 生年月日 担当楽器 デビュー時年齢 2022年年齢
成田昭次 1968年8月1日 リードギター 20歳 53歳
高橋一也 1969年5月20日 ベース 19歳 53歳
岡本健一 1969年5月21日 リズムギター 19歳 53歳
前田耕陽 1968年8月16日 キーボード 20歳 53歳

初期のバンド名は「東京」(ジャニー喜多川社長命名)。「東京男組」という名前でも活動していたようです。
初期メンバーは成田昭次さん、高橋一也さん、岡本健一さん。その後メンバーの入れ替わりがあり、最終的に前田耕陽さんを加えた4人+2人のプロミュージシャンを加えた6人編成のバンドスタイルで活動していくことになりました。

デビュー前から「夜のヒットスタジオ」に出演するなどして注目を集め、当時のジャニーズアイドルの光GENJI、少年忍者と合わせて「少年御三家」と呼ばれていました。

1988年2月には映画『ロックよ、静かに流れよ』にメンバー4人が主演し、映画デビュー。演技面でも高い評価を得ました。

1988年『DAYBREAK』でレコードデビュー。デビュー当時のキャッチフレーズは「ジャニーズ事務所の落ちこぼれ」でした。メンバー全員がダンスを苦手としていたのが理由とのこと。

ジャニーズアイドルとしては珍しく音楽志向の強いグループで硬派なイメージですが、後輩のSMAPに対しても上下関係を強制せず、優しい先輩として慕われていました。木村拓哉さんはギターを岡本健一さんから習ったそうです。

各メンバーについては別記事でも詳しく解説しています。

男闘呼組復活・成田昭次の過去の不祥事!事故や夜ヒット事件、逮捕も?
『音楽の日2022』で電撃復活を発表した男闘呼組。 期間限定での復活ですが、約30年ぶりの活動再開が大変な話題になっています。 特に注目されるのがかつて人気ナンバー1だった成田昭次さんです。 『音楽の日』でも『TIMEZONE』『...
高橋和也は過去に男闘呼組解雇!ドラマとは違うイケオジな現在!子供は?
29年ぶりの復活発表で話題の男闘呼組。 メインボーカルの一人、ベース担当は俳優としても活躍する高橋和也さんです。 『TIMEZONE』の第一声、しびれた方も多かったのではないでしょうか? 2022年7月22日(金)放送の『金ス...
男闘呼組再始動!岡本健一のギターはキムタク、舞台では紫綬褒章?
2023年8月までの期間限定の再始動が決まり、注目を集めている男闘呼組。 ギター担当の岡本健一さんは舞台俳優としてのイメージが強いですが、Hey! Say! JUMP元メンバー・岡本圭人さんの父親としても有名ですよね。 そこで今回は...
男闘呼組リーダー・前田耕陽の若い頃は?中山美穂や中村由真との関係は?
男闘呼組の29年ぶりの復活が大変な話題となっています。 活動期間が短かったバンドなのに、この盛り上がり。 メンバーは全員50代になりましたが、若い頃よりもカッコいいくらい。ヤバいですね。 そこで今回は男闘呼組リーダー・前田耕陽さん...

男闘呼組の不祥事って?

男闘呼組は1993年にグループ解散したと思われているようですが、実は解散しておらず、活動休止状態が続いているだけというのはあまり知られていません。ただ、解散が発表されていないものの30年近く活動していないわけですから実質的には解散ですね。

男闘呼組の活動休止の原因は高橋一也(現・高橋和也。以降「高橋和也」で統一します)さんの突然の解雇です。
当時高橋和也さんは海外にいたそうで、帰国してすぐにマネージャーから契約更新しないことを告げられ、寝耳に水の解雇劇だったようです。

解雇の理由として最も有力な説は、メリー喜多川副社長が高橋和也さんの反抗的な態度に激怒し、運悪く写真週刊誌に高橋和也さんのドラッグ使用疑惑が掲載されたこともあり、解雇となったという話です。

「え?たったそれだけ?」という印象を受けますよね。
しかもドラッグについては疑惑のみで、高橋和也さんは逮捕などはされていません。

この解雇理由に高橋和也さん自身は全く身に覚えがないとのこと。真相は今でもわかっていません。
解雇された高橋和也さんはそのまま渡米し、1995年に帰国後は俳優業をメインに活動しています。

高橋和也さんの解雇については真相が不明なので不祥事とは言えませんが、成田昭次さんについては完全に不祥事と言えるでしょう。

成田昭次さんは2009年、大麻取締法違反で現行犯逮捕。
男闘呼組が活動休止となってから、成田昭次さんはジャニーズ事務所に残ってソロに転向していました。
1998年に退所してからはバンドを結成するなど音楽活動を軸にしていた中での逮捕でした。

成田昭次さんは大麻を男闘呼組でデビューした頃から使用していたらしいです。
逮捕後、成田昭次さんは「自分で使うために大麻を持っていた」と認め、懲役6ヶ月、執行猶予3年の判決を受け、芸能界から姿を消してしまいました。

スポンサーリンク

男闘呼組の消えた幻のドラマって?

男闘呼組はメンバーそれぞれが俳優業も行っており、演技力についても高く評価されています。

男闘呼組の主演ドラマとして有名なのは1988年のデビュー直前に放送された『オトコだろッ!』(フジテレビ)ですが、管理人一押しなのは『僕の姉キはパイロット!』です。

このドラマは1987年にTBS系で放送され、航空会社のパイロットの主人公が教官として航空学校へ出向し、弟を含む航空学校の落ちこぼれ4人の生徒を一人前のパイロットに育てる過程を描いたコメディーです。

主人公・ありさ役は浅野温子さん。弟の隼人が成田昭次さん。落ちこぼれ3人が男闘呼組の残り3人です。実は『僕の姉キはパイロット!』が男闘呼組の初主演ドラマなんですが、色々と大人の事情があり、DVD化されていない作品です。(男闘呼組がジャニーズ事務所所属であったことや、スターダストレビューが挿入歌を歌っていたことから、肖像権と版権と著作権の複数の絡みでソフト化されていないということですが、ちょっとよく意味がわからないですね。)

ネタバレになりますが、ドラマ最終回近くに浅野温子さん扮する教官が落ちこぼれ4人組にパイロット試験の結果を言い渡す場面があります。

成田昭次さんはじめ、岡本健一さんは順当に合格するんですが、高橋和也さん、前田耕陽さんだけが不合格になるんですよ、確か。
前田耕陽さんの役どころは普段は軟派だけど実は繊細みたいな性格で、順番に試験結果を告げられる中、当然自分も合格だろうという表情をしている前田耕陽さんが「(パイロットになるのは)諦めてください」と浅野温子さんに言われて愕然とするシーンを今でもよく覚えています。管理人の推しは前田耕陽さんだったのでちょっとショックを受けました(笑)

浅野温子さんと4人の絡みも面白いドラマで、ぜひDVD化してほしいですね。

スポンサーリンク

魅力的なお尻に!美容整骨師の魔法のショーツ
ネイルチップを買うなら【ミチネイル】
【DMM.com】スーツケースレンタル

男闘呼組の復活はある?

こうして改めて見てみると、男闘呼組の不祥事は成田昭次さんの逮捕だけで、他のメンバーには特に問題がないことがわかりましたね。

高橋和也さんは帰国後、俳優として活動し、2014年の『そこのみにて光輝く』での演技が評価され、高崎映画祭最優秀助演男優賞を受賞。
2016年には大河ドラマで岡本健一さんと共演し、話題になりました。

岡本健一さんは男闘呼組としてデビューする前から俳優としての活動も多く、『このこ誰の子?』など数多くのドラマに出演していました。
岡本健一さんの出演作で管理人が一番好きなのは『不機嫌な果実』です。超絶カッコいい岡本健一さんが見れますのでぜひどうぞ。
現在では主に舞台を中心に活躍中で、Hey! Say! JUMP元メンバー・岡本圭人さんの父親としても有名ですよね。

前田耕陽さんは2015年から本格的に舞台の脚本を書き、自身も役者として参加しているようです。
2020年4月から、自身のYouTubeチャンネル「Team54.ch」を開設し、男闘呼組のセルフカバーを発表しています。
前田耕陽さんはどうも太りやすい体質らしく、現在に至るまで度々肥満に悩まされているようです。
男闘呼組のメンバーの中で一番劣化が激しいのはこの方かもしれません。

大麻所持で逮捕された成田昭次さんは長らく消息不明の状態が続いており、男闘呼組の復活は絶望的と思われていましたが……。

 

この投稿をInstagramで見る

 

成田昭次(@naritashoji.guitar)がシェアした投稿

2020年11月3日にビルボードライブ横浜で開催されたライブ「Little Black Dress」の特別ゲストとして出演し、徐々に芸能活動を再開。「男闘呼組再結成?」への期待が高まっています。

スポンサーリンク

男闘呼組についてまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は光GENJIに続き、ネガティブワードで検索されてしまう異色のジャニーズバンド・男闘呼組について色々と調べてみました。

個人的に嬉しかったのは成田昭次さんの復活です。53歳とは思えないカッコよさにも驚きました。
男闘呼組全盛期は特に興味がありませんでしたが、今の成田昭次さん、他の誰よりもカッコよくないですか?

今後の活躍、再結成に期待大!ですね!

※2022年7月16日、男闘呼組の電撃再始動が発表されました。※

2023までの期間限定ですが男闘呼組、待望の復活です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました