大沢樹生の現在の年収って?光GENJIから格闘家に!内海光司とは不仲?

アイドル

再結成の期待が高まる光GENJI。
1995年の解散のきっかけとなったのは大沢樹生さんの脱退というのは有名な話ですよね。

人気絶頂のスーパーアイドルグループからの脱退、その後はプライベートでも結婚、離婚、実子騒動など、何かと話題の多かった大沢樹生さん。
2022年はどんな活動をされているのでしょうか? テレビではあまり見かけないので気になりますよね!

そこで今回は「光GENJIを壊した男」大沢樹生さんの現在や内海光司さんとの不仲説について詳しく調べてみました。
大沢樹生さんについて気になる方はぜひ最後までお読みください!

スポンサーリンク

大沢樹生の2022年現在は?何してる?

大沢樹生さんは2022年現在53歳。
2006年11月にそれまでの所属事務所から独立し、個人事務所「ドリームフォープロモーション」を設立。
2013年に社名変更し、今は「株式会社ミキオオフィス」となっています。
潔いネーミングですね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

大沢 樹生(@osawa_mikio)がシェアした投稿

2013年の実子騒動以降、大沢樹生さんはバラエティー番組への露出が増えましたが、ドラマなどの仕事は騒動が原因で「干された」状態になっていました。

大沢樹生さんの実子騒動とは、前妻の喜多島舞さんとの間に生まれた長男のDNA鑑定を行った結果、「総合父性指数 0」、「父性確率 0%」との鑑定結果となったにもかかわらず、喜多島さん側が話し合いに応じなかったため、大沢樹生さんが裁判所に「親子関係不存在確認」の調停申立てを行った後の泥沼化した騒動のことを言います。

この騒動で一番の犠牲となったのは言うまでもなく長男(元・長男)であり、騒動の当初は、大沢樹生さんに対し、厳しい批判の声が上がりました。

「親にとって未成年の子どもを守ることが一番大事なのに、こうしたことを公表する神経が全く分からない」(坂上忍さん)

騒動後はドラマの出演はほとんどなく、Vシネマの出演が多かったようですね。
やはり特定のイメージがついてしまうと俳優としてはダメージが大きいようです。

そんな中、2018年にはプロレスラーとして6人タッグマッチでデビュー。
さらに2021年には格闘家としてデビューし、キックボクシングルールで木下ほうかさんと対戦し敗北。
この「EXECUTIVE FIGHT~武士道~」は安倍昭恵さんも観戦していたそうで話題になりましたね。
2022年8月にも「EXECUTIVE FIGHT~武士道~」の試合があり、ヒカルチャンネルの捧 拓将さんと対戦しています。
ただし、EXECUTIVE FIGHTER RANKIGには掲載されていません。
2021年には熊本県で生産された純国産馬肉を扱う料理店「樹馬 KIBA」をプロデュース。
最近は本業以外での活動が多い大沢樹生さんですが、2022年12月には名古屋でアコースティックLIVEを行うようです。
これは楽しみですね!

大沢樹生の年収は300万?

大沢樹生さんの年収が300万円というのは、ご本人が2011年に「男性の男性の既婚率が年収が300万円を境に大幅に変わる」という政府の調査結果を聞いて、「私の年収は300万円未満」 「苦労してます」 との発言をしたことによる実際の話です。

現在の大沢樹生さんは本業に加えて個人事務所の経営や馬肉店のプロデュース、格闘技など様々な活動をされていますので、まさか年収300万円ということはないでしょうが、実際どのくらいの年収になるのか気になりますよね。

馬肉店「樹馬 KIBA」は大沢樹生さん一人ではなく、イチロー選手のお兄さん・鈴木一泰さんとの共同プロデュースのようで、価格帯はディナーで5,000円~6,000円ほどのお店です。
東京で新鮮な馬肉が食べられるお店として人気のようですね。

一般的に飲食店のプロデュースに支払われる金額は、150万円~200万円
継続的に支払われるわけではなく、開店時に一度だけということが多いです。
大沢樹生さんは芸能人ですのでもう少し上乗せされた可能性は高いですね。

また、大沢樹生さんは個人事務所「ミキオオフィス」の代表取締役でもありますが、このミキオオフィスに所属するタレントは大沢樹生さん一人です。自分自身で活動しなければ収入には繋がりません。

主な収入源であるVシネマのギャラは1本数十万円~100万円と言われています。
2015年から数えると大体6~13本/年の出演がありますので、仮に1本50万円として、多くて650万円/年
舞台出演も年に1回はありますので、プラス100万円

格闘家としては実績がほぼない大沢樹生さんですので、ファイトマネーには期待できそうもありません。

そもそもプロキックボクサーのファイトマネーは、新人選手のデビュー戦で3万円前後、メインイベントでも数十万円前後と言われています。キックボクシングの試合は多くても1年間に10試合程度ですので、試合数とファイトマネーから計算すると、プロキックボクサーの平均月収は6万円前後、平均年収は80万円前後となります。

光GENJI時代の収入は億単位とも言われ、メルセデスベンツ560SLクラスの黒のオープンカー(1200万円の新古車)を19歳の時にキャッシュで購入した大沢樹生さん。
現在の年収は1,000万円には到達していないのではないでしょうか。
一般人からすればやや多めな年収ですが、芸能人としては何とも微妙な金額ですね。

スポンサーリンク

大沢樹生の光GENJI脱退の理由って?

大沢樹生さんが光GENJIを脱退したのは1994年8月です。
光GENJI解散が1995年ですから、大沢樹生さんの脱退をきっかけに一気に解散に向けて加速してしまった印象です。

大沢樹生さんは、光GENJIの将来について、結成3年目には既に不安を感じていたようです。

光GENJIと言えばローラースケート。ただ、いつまでもローラースケートを履いて、歌って踊ってという未来は描けなかったそうです(そりゃそうだ)。
当時は40歳を過ぎて現役で活躍するようなアイドルもいませんでしたし、「果たしてこのまま自然の流れに身を任せ、『光GENJI』の活動を続けていて、30とか30過ぎてから解散になったとしたら、その後の自分の人生、取り返しがつかないことになるんじゃないか」という不安を抱くのも仕方ありませんよね。

SMAP以前のジャニーズタレントはほとんど切り売りをせず、グループとしての絶頂期を過ぎた後は目立った活躍もありませんでした。
単発のドラマや時代劇の端役など、まさに「落ち目を過ぎたアイドル」扱い。
大沢樹生さんの光GENJI脱退は25歳の時ですからかなり早い決断に思えますが、光GENJIから離れて俳優として地盤を固めるまで5年は必要と考えていたようですので、早くても再ブレイクは30歳。決して早すぎる決断ではなかったようですね。

ただ、結果的には大沢樹生さんが俳優として再ブレイクしないうちに前述の実子騒動の方でブレイクしてしまったのは残念なことでした。

スポンサーリンク

大沢樹生は内海光司と不仲?

大沢樹生さんとの不仲説が噂される中で最も有名なのは諸星和己さんですよね。

今でこそジャニーズグループは仲が良いイメージがありますが、それこそSMAP以降の話。
アイドルグループは基本的には寄せ集めの集団であり、お互いがライバル。一昔前のアイドルグループはそんな雰囲気を漂わせていました。

光GENJIはとしてデビュー後、メンバーが一番答えに困った質問は「メンバーの第一印象は?」というものだったそうです。
第一印象も何も、メンバーの顔と名前が一致しないような状態。更にデビューしてすぐに尋常じゃない忙しさになり、メンバー間で関係を深める時間が少なかったことも解散が早まった原因として挙げられるかもしれません。

大沢樹生さんと内海光司さんは光GENJI結成前、イーグルス時代からの付き合いです。
ただし、過去の映像などを見ると二人の視線が合う場面がほとんどなく、話したり笑ったりする姿もあまり見られません。
そんな様子から不仲説が出たようですが、大沢樹生さんの脱退コンサートの時には光二人の絆を感じさせる場面もありましたし、特に不仲ということはなかったようです。

大沢樹生さん自身は「誰とも仲の悪かった時期はない。ただ仲の良かった時期もないだけだ」と語っています。
当時のアイドルグループの関係性をよく表す言葉ではないでしょうか?

スポンサーリンク

大沢樹生のプロフィール

最後に大沢樹生さんのプロフィールをご紹介します。

・生年月日:1969年4月20日(53歳)
・出身地:東京都
・身長:177センチ
・血液型:A型
・趣味:映画鑑賞・観劇
・結婚:喜多嶋舞(1996年 – 2005年)、一般人女性(2008年 – )
・所属していたグループ:イーグルス、光GENJI
[ad]

大沢樹生についてまとめ

今回は元・光GENJIの大沢樹生について色々と調べてみました。
大沢樹生さんと言えば実子騒動関連の情報が多く、あまり良いイメージがありませんでしたが、元息子(?)とも仲が良い様子をInstagramに投稿していますし、今では良い関係を築けているようですね。

奥様は元モデルだけあって超美人!娘さんも美人な雰囲気が伝わってきます。
実は大沢樹生さんは第一子を死産で亡くされていますが、その時の大沢樹生さんのブログは涙なしでは読めません。

光GENJI結成35周年で注目される大沢樹生さんを今後も応援していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました